発熱患者様の診療と、保険診療によるPCR検査、抗原検査を実施しています。
文京区の個別接種による、コロナワクチン接種は終了いたしました。
3回目接種の概要は現在文京区で検討中です(2021年11月3日現在)。
感染後、およびワクチン接種後の抗体検査は自費検査となっています。

コロナ感染疑いの患者様の診療検査について

まずはお電話でご連絡下さい

他の患者様との接点が生じないように最大限の配慮をしています。
発熱等の患者様は直接お越し頂かずに、まずはお電話でご連絡下さい。時間指定で診療、検査(PCR検査、抗原定性検査)をさせて頂いております。

家で我慢なさる必要はありません

新型コロナウイルス流行中にも、虫垂炎、腎盂腎炎、扁桃周囲膿瘍等で発熱している患者様を少なからず拝見しています。
コロナのせいで他の病気の初期治療が遅れないよう、まちのクリニックで出来ることを今後も続けてまいります。

検査にかかる費用について

発熱等の症状がある場合と、濃厚接触者である場合は保険診療となります。その場合、PCR検査、抗原検査は患者様負担分が公費負担となります。一方、初診料、処方箋料に加えトリアージ加算分は公費負担がなく自己負担となります。初診で保険料が3割負担の方の場合、3,000円程度の自己負担が生じますのでご留意ください。
無症状でPCR検査を受けられる場合は完全に自費となります。当院では外注検査会社にお支払いする金額が高額のため、PCRの自費検査は安価で出来る他の施設をお勧めします。

ワクチンおよび抗体検査について

新型コロナウイルスワクチン

第3回目接種の予約受付は終了しています(2022年1月31日現在)。
まだ、接種がお済みでない方は文京区のホームページから集団接種のお申し込みをお願いします。

抗体検査

抗体検査は今のところ保険適応がなく自費検査となります。
定性検査もありますが、感染後またはワクチン接種後の抗体量は定量検査で測定します。当院では株式会社SRL様のSARS-COV-2抗体SまたはSARS-COV-2抗体IgGSが外注検査可能で、費用は何れも7,500円です。

治療について

保健所の判断で自宅療養となられた患者様には、電話での診療と処方をさせて頂けます。

抗体カクテル療法の適応のある方は近隣の病院はもちろん「酸素・医療提供ステーション」で受けることも可能になっています。
内服薬の治験も始まっております。